実系としての母系(女系)
   『国体文化』(平成24年8月号)の巻頭言を転載します。

実系としての母系(女系)

 去る六月六日に寛仁親王殿下(皇位継承順位六位)が薨去あそばされた。夙に論じられてゐる通り、このまゝでは皇族の減少は避けられず、皇位の継承も危ふくなる。女性宮家の創設や旧皇族系一般国民男子への皇籍賦与など対策を急ぐべきだ。日本世論調査会が六月に行つた「皇室世論調査」においても、女性宮家創設に対する賛成は六四・四%(反対は三〇・七%)、旧皇族系一般国民男子への皇籍賦与に対する賛成は四八・三%(反対は四六・六%)となつてをり、この問題に対する国民の理解は深まりつゝある。

 だが、女性宮家の創設に関しては配偶者の問題があり、旧皇族系一般国民男子の皇籍賦与に関しては血統の遠さといふ問題がある。前者については何度も論じてきたので再論せぬが、後者については母系(女系)を踏まへた議論が必要だらう。確かに、伏見宮系の旧皇族系一般国民男子は、父系(男系)を辿ると四十数親等も離れた傍系である。しかしながら、所功氏も近著『皇室典範と女性宮家』で指摘してをられるやうに、明治天皇の内親王が降嫁せられた竹田宮・北白川宮・朝香宮・東久邇宮の各宮家は、母系を考慮すると他の宮家より今上陛下に近い。就中、東久邇宮には昭和天皇の内親王も降嫁され、その流れを汲む東久邇家の現当主(信彦氏)は今上天皇の甥(三親等)にあたり、今上陛下の従弟(四親等)にあたる寛仁殿下より近親だ。女性宮家の当主と想定される女性皇族より今上陛下に近い血統を有する独身男性も居られるといふ。女性宮家を創設する場合も、この点は十分に考慮されるべきだらう。

 子は父母なくして生まれない。父系(男系)による皇位や宮家の継承を正格としつゝも、母系(女系)もまた実系であるといふ天地自然の理を忘れてはならぬ。(金子宗)

JUGEMテーマ:政治思想

| 『国体文化』巻頭言 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長期展望を踏まへた方策の確立を
 『国体文化』(平成24年6月号)の巻頭言を転載します。

長期展望を踏まへた方策の確立を 

 「女性宮家(内親王家)」の創設を巡る有識者ヒアリングが始まつてから三ヶ月ほどが経過した。四回にわたるヒアリングを通じ、不十分ながらも漸く問題が整理されつゝある。

 これまで八名の有識者によつて示された見解のうち、市村眞一氏(京都大学名誉教授)の論が傾聴に値するので紹介しておきたい。市村氏は、「天皇陛下とその御家族以外は皇族はをられない」といふ事態を招かぬための緊急的な対策――性宮家の創設。⊇性皇族が降嫁された後も称号(内親王・女王)を保持し続ける制度の復活。―と同時に、「さうなつた理由を少なくとも当分の間は除去できるやうな対策」を数年かけて検討した上で、臣籍降下および皇籍付与に関する「平成の準則」を定めるべきと提案してゐる。

 市村氏の指摘する通り、「当面の対策を講じるのに何をするかといふことではなくて、長期展望をまづつくつて、その長期展望の下での大きな枠組みをつくって、それを今の事態にどう適用するか」といふ視点が重要ではないか。明治の旧典範でさへ、明治四十年には増補が行はれ、大正九年には「皇族ノ降下ニ関スル施行準則」が制定されるなど現実に対応すべく改定が重ねられてきた。

 昭和天皇により側室制度が廃止され、一夫一婦制が正格とされてゐる今日、皇室に男子が誕生せぬ可能性は以前に比して高い。まさに運任せともいふべき情況で、現に、悠仁親王殿下の御誕生まで四十一年間にわたり男性皇族の御誕生はなかつた。市村氏は養子の可能性に言及してゐるけれども、その具体的形態や養子たる要件については慎重な検討が必要だらう。皇室の「家法」である以上、最終的には勅裁を仰がねばならぬけれども、長期展望を踏まへ、陛下に御嘉納頂ける方策を献ずるのが臣子の責務である。(金子宗)

JUGEMテーマ:政治思想

| 『国体文化』巻頭言 | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「国体」に対する深い信と歴史に対する広い目配りを
『国体文化』(平成24年5月号)の巻頭言を転載します。

「国体」に対する深い信と歴史に対する広い目配りを

 「女性宮家」の創設を巡る有識者ヒアリングが始まつた。首相官邸のホームページに当日の配付資料や議事録が掲載されてゐるので一読したけれども、各人の専門分野と「国体」との関係が意識されてをらず、正直云つて物足りない。

 「女性宮家」の創設にせよ、「旧皇族系一般国民男子」への皇籍付与にせよ、皇族の在り方として異例変格であることは否定できぬ。しかしながら、現実問題として皇族男子の数が減少しつゝある以上、非常の手段を採用するより他にない。問題は、それが(国家の究極的基盤体である)「国体」に適ふか否かだ。

 天皇の御位を継承し得る「皇族」の身分は、一般国民と厳密に区分される必要があらう。如何なる理由であれ臣籍降下した以上、皇族への復帰に対しては慎重であることが望ましい。それは、君臣の分を破壊するのみならず、その過程で権力者の恣意的な政治介入を招きかねないからだ。

 仁和三(八八七)年に光孝天皇が瀕死の病に倒れられた際、関白であつた藤原基経は、元良親王(前代陽成天皇の第一皇子)など他に皇族男子が居られたにもかかはらず、光孝天皇の第七皇子ではあるが臣籍に下つてをられた源定省の皇族復帰を図り、皇太子(後の宇多天皇)として擁立し奉つた。この事例は臣籍降下された方が天皇に即位された先例として取り上げられるけれども、その背後における藤原氏の専横振りと合はせて考へねば片手落ちである。

 皇室典範は皇室の「家法」であると同時に、天皇は「領ク」論理に依拠した私的支配者ではなく、「知ラス」論理に依拠した公的統治者である。「女性宮家」創設に対する賛成・反対の如何を問はず、天皇を中核に戴く「国体」に対する深い信と過去の歴史に対する広い目配りを忘れてはならない。(金子宗)

JUGEMテーマ:政治思想
| 『国体文化』巻頭言 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「復興」を妨げる野田政権
『国体文化』(平成24年4月号)の巻頭言を転載します。

「復興」を妨げる野田政権


 去る三月十一日、天皇陛下は国立劇場で行はれた政府主催の東日本大震災追悼式に御臨席あそばされ、優渥なる勅語を発せられた。

 まづ犠牲者に対する哀悼の意を表された陛下は、福島第一原発事故のため避難生活を余儀なく続ける住民に言及されたり、種々の救援活動などに対して労ひの御言葉を下さるばかりでなく、諸外国の厚意に対しても感謝の誠を明らかにされた。

 その上で、「被災地の今後の復興の道のりには、多くの困難があることゝ予想されます。国民皆が被災者に心を寄せ、被災地の状況が改善されていくやう、たゆみなく努力を続けていくやう、期待してゐます。そして、この大震災の記憶を忘れることなく、子孫に伝へ、防災に対する心がけをはぐくみ、安全な国土を目指して進んでいくことが大切と思ひます。今後、人々が安心して生活できる国土が築かれていくことを一同とともに願ひ、み霊への追悼の言葉といたします。」と、国民の進むべき途を示された。

 国民生活の安定なくして「国体」の護持は不可能だ。震災発生以前の情況に「復旧」するのみならず、防災機能を高めた「人々が安心して生活できる国土」へと「復興」せねばならぬが、震災の発生から一年あまり経過した現在も「復興」の青写真は示されてゐない。国家百年の大計に基づいて「復興」を実現するためには、原発再稼働のみならず、新資源の開発や電力事業の再編成など政策の抜本的見直しが急務だが、野田政権はエネルギー問題の解決を図ることなく、「復興」を名目とする消費税の増税に血道を上げてゐる。かくの如き国家不在・国民無視の政権は「百害あつて一利なし」と云はねばならない。


JUGEMテーマ:政治思想
| 『国体文化』巻頭言 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
似而非忠義を討つべし
 『国体文化』(平成24年3月号)の巻頭言を転載します。

似而非忠義を討つべし

  「女性宮家」創設に関連して皇太子・皇太子妃両殿下を批判する言説が目立ち始めた。妃殿下の御療養が長引き、愛子内親王殿下の学校生活も必ずしも順調とは云へぬ情況に対する危機感からの発言であらうが、インターネット上で「廃嫡」の署名を募つたり、論壇誌において「御聖断」を求めるなど、忠義面しつゝ不敬の言動を展開する徒輩を見過ごすわけにはいかぬ。

 皇族は、「常に一身を以て天皇を荘厳し、且つ天皇慈民の精神を体達して、皇室と国民との親愛敬撫の融和に貢献する」(里見岸雄『憲法・典範改正案』)ことを使命とされ、その一挙手一投足は内外の耳目を集める。その御負担たるや、我ら国民の想像が及ぶところではない。皇族といへども自然人であり、当然のことながら心身に御変調をきたされることもあらう。そのやうな場合、何よりも先に速やかなる御平癒を御祈念申し上げるのが臣子たる者の務めだ。

 その上で、皇室の歴史と現状を踏まへ、将来の情勢変化に対応可能な仕組みを築き上げることが求められてをり、皇室に対する自らの願望を絶対化し、自説と少しでも異なる論者に「狡猾」などと悪罵を放つが如き態度は、皇室を戴く国民内部の亀裂を増大させるものであり、「尊皇」を称しつゝ皇室の尊貴を損なひかねない。

 本年一月号の巻頭言にも記した通り、吾人は理義に基づく冷静な議論を積み重ねて参りたい。国民が天皇を扶翼し奉らうとする意志を失はぬ限り、たとへ前例のない「女系天皇」が即位しようと、政治体制や経済機構を下支へする「国体」は揺らぐことはないと、里見博士の学統を受け継ぐ吾人は確信してゐるが、時務としての「女性宮家」創設については種々の異論もあらう。それらに対しては、正面から回答を試みたい。



| 『国体文化』巻頭言 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「女性宮家」の是非を検討するに際して
平成24年も早や1ヶ月が経過しました。

『国体文化』(平成24年2月号)の巻頭言を転載します。

去る一月六日、藤村修内閣官房長官は、「皇室制度のあり方に関する検討の進め方」について、女性皇族を当主とする「女性宮家」の是非を皇位継承の問題と切り離して先に検討したいとの方針を明らかにした。「女性宮家」は前例がなく、実現を目指すとなれば配偶者の身分など解決せねばならぬ多くの課題が存在する。充分な議論の時間を確保するためにも、検討を開始することじたいに異存はない。

 
検討に際しては、小泉純一郎首相の私的諮問機関として平成十六年十二月に設置された《皇室典範に関する有識者会議》が翌年十一月に提出した報告書を叩き台の一つとするやうで、同会議の座長代理を務めた園部逸夫氏(元最高裁判事)を内閣参与に任命した。園部氏におかれては、(皇位を下支へしてきた)「国体」に関する認識を深められ、これまでの経緯に囚はれることなく職責を果たして頂きたい。


検討にあたつては、有識者に対する意見聴取や国民各層からの意見公募もさることながら、(直接的な当事者である女性皇族を始め)皇族方の御意向を御伺ひする必要があらう。本来ならば、「皇室会議」の機能強化や(明治典範に規定されてゐた)「皇族会議」の復活など、御意見を披瀝するに相応しい公的な場を設けるべきだ。一部皇族の私的な御発言がマスコミを通じて報道される現状は、その影響力の大きさゆゑ好ましくない。とは言ふものの、結論先にありきの姿勢で、皇族方の御意見を黙殺するが如き態度もまた臣子の取るべき態度ではない。

皇族方および国民各層が公論を尽くした後、内閣総理大臣は陛下の御聖断を仰ぎ、国会における全会一致の可決を目指して政治生命を賭けるべきだ。野田首相の覚悟や如何。


JUGEMテーマ:政治思想
 
| 『国体文化』巻頭言 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
臣子たる分を弁へて議論すべし
皆さん、明けましておめでとうございます。本年も宜しく御願い致します。

新年の抱負に代えて、『国体文化』(平成24年1月号)の巻頭言を転載します。

『読売新聞』(平成二十三年十一月二十五日朝刊)などによれば、宮内庁は首相を始め政府首脳に対し、女性皇族を当主として戴く「女性宮家」創設について検討すべきと要請した模様だ。男性皇族の減少及び高齢化が進む中、女性皇族が御結婚なされた後も皇族として公務などに携はつて頂かうとするもので、秋篠宮家の眞子内親王殿下が御成人なされた今日、十二分に検討する余地はあらう。

この「女性宮家」創設に関しては、「女系天皇」即位に繋がるものとして少なからぬ反対論が存在する。弊誌でも何度か取り上げたやうに、吾人は、たとへ「女系天皇」が即位したとしても、国民が天皇を扶翼し奉らうとする意思を有する限り、政治機構や経済機構を下支へする「国家の究極的基盤体」すなはち「国体」の変革にはあたらないと確信してゐるけれども、皇位継承原理の変更を伴ふことは確かだ。

かやうな重大問題については、天皇陛下の御聖断を仰ぐべき ― そのためにも、「皇室会議」の拡充が強く望まれる ― であり、臣子たる国民は(女系天皇の公認・旧皇族末裔への皇籍付与も含めた)あらゆる選択肢を提示し、公論を尽くすことしかできぬのではないか。その際、如何なる形であれ、大御心を制約するが如き言動は厳に慎まねばならぬ。天皇の御位に即かれ、国家・国民をしろしめす広大なる皇恩に感謝こそすれ、皇位継承を巡り「〜して頂きたい」などとマスコミを通じて発言することは、尊皇心に基づく行為であつたとしても許されない。

吾人は、理義に基づいて冷静な議論を積み重ねて参りたい。平成二十四年、皇紀二千六百七十二年においても、読者諸兄姉の御指導・御鞭撻を賜りたく、この場を借りて御願ひ申し上げる。

JUGEMテーマ:政治思想
 
| 『国体文化』巻頭言 | 17:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
【御案内】(4/7)第21回国体文化講演会〔東京〕
JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
時間が経つのは早いもので、あっという間に3月も半ばとなりました。

さて、小生が理事を務めている日本国体学会では、偶数月第1水曜日に「国体文化講演会」を開催しております。
 
今回の講師は、展転社から刊行された『シナ人とは何か』の編著者でもいらっしゃる宮崎正弘先生(評論家)です。国際政治、経済の裏舞台を独自の情報で解析する評論やルポタージュに定評があり、同時に支那ウォッチャーの第一人者として健筆を振るう宮崎先生に、難しい隣人、支那人との付き合い方は如何にあるべきかを講演頂きます。

なお、今回より原則として小生が司会を務めることになりました。

御多忙とは存じますが、御来場下さいますよう宜しく御願い申し上げます。

日時:平成22年4月7日(水)18時30分より〔開場は18時〕
会場:中野サンプラザ8階研修室1
   http://www.sunplaza.jp/access/index.html
講師:宮崎正弘先生(評論家)
演題:「支那人との付き合い方」
協力費:1000円(事前申し込み不要)
主催:日本国体学会 (理事長 河本學嗣郎)
   TEL 0422-51-4403 FAX 0422-55-7372
   E-Mail kokutaigakkai@kokutaigakkai.com
※詳細:http://www.kokutaigakkai.com/annai.html
| 『国体文化』巻頭言 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH