フランスが羨ましい
一昨日の日経新聞電子版に以下のインタビュー記事が掲載された。
もっともな意見ばかり。
このような「国民主義」(断じて「極右」に非ず)政党が日本にも必要だ!

仏極右政党のルペン党首「ユーロ圏から離脱を」
脱原発は「段階的に推進」
2011/10/17 23:04 情報元 日本経済新聞 電子版
 
【ブリュッセル=瀬能繁】来年のフランス大統領選挙の有力候補に浮上している極右政党「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首は日本経済新聞のインタビューに応じ、大統領選の1回目の投票でサルコジ仏大統領を破り「決選投票に行く自信はある」と述べた。フランスのユーロ圏からの離脱と、段階的に脱原発を進めるべきだとの見解を明らかにした。主なやりとりは次の通り。
 
――大統領になってどう国を変えるのか。
「第1にグローバル化の阻止。グローバル化でフランスは破壊され、経済成長に歯止めがかかった。第2に、移民の問題だ。5百万人の失業者がいるのに外国からの労働者が入ってくるのは論理的ではないし、文化的な摩擦も起こしている」
「第3に安全の問題で、日本人観光客は(治安悪化の)最初の被害者ともいえる。今の政府の安全放任主義から脱却しないといけない。サルコジ大統領は彼に投票した人を人道的に裏切った。国民の奮起を期待している」

――ユーロ圏からの離脱を主張している。
「フランス産業を破綻させ、企業は海外移転を余儀なくされた。いったんユーロ圏から抜け、通貨フランを復活させるべきだ。ユーロで社会は荒廃、経済は窒息し、さらに(ギリシャ支援などで)他の加盟国の負債に連帯責任を負わされようとしている。ユーロ破綻に加担しているだけだ」
「ギリシャは小国。もし次にイタリアが同じ状態になったら救援できるのか。救済しているうちに欧州連合(EU)自体がどんどん貧しくなってしまう」

――自由貿易にも反対だが。
「国境に何の制約も設けないのは間違いで、欧州大陸の経済を決定的に破壊してしまう。理由は簡単。社会保障などの制度がなく、低賃金の中国に対抗できないからだ。私は経済的に自国を守りたいと思っているだけ。大量の人間が自由に行き来すると大量の移民を生む。大量のお金の行き来は投機を生む」

――日本では福島で原発事故が起きた。
「最終的な目的は脱原発だ。今の状態で脱原発は無理で、代替エネルギーを見つけるまでの期間に2つのことをする。第1に原発の安全化。第2に代替エネルギー開発への大規模な投資。日本の事故で学んだことは、民間企業による原発はいけないということ。私有化すると安全を犠牲にして利益が生み出される。政府が原子力産業を傘下に置くべきだ」

――あなたは世界で極右と認識されている。
「侮辱の言葉だ。愛国心を持ち、大統領選に立候補しようとしている私の信ぴょう性を失わせようとしている。私は極右とは全く関係なく、どちらかというと(元大統領の)ドゴール派だ。何かを決める時、頭にあるのはただ1つ。それがフランス、仏国民に良いことかどうかだ。最近のフランスの政治家はグローバル化という信仰の中で泳いでいるだけだ」

――日本の印象は。
「日本の経済状況は危機的と報道されるが、フランスに比べると大したことはない。日本の債務(借金)は大きいが、お金を貸しているのも日本人だ。大震災の際の日本人の尊厳ある態度、冷静さは大変尊敬できる。日本人は非常に偉大な民族だ。近く日本を訪れる機会があればと思う」

マリーヌ・ルペン氏
フランス極右政党「国民戦線」の創設者ジャンマリ・ルペン氏の3女。パリ第2大学で法学修士取得。国民戦線の法律担当などを経て2004年から欧州議会議員。今年1月から国民戦線の第2代党首に就任。「中絶容認」などで洗練した印象を市民に与え、支持層を拡大している。43歳。子3人。

JUGEMテーマ:政治思想
| 國の行く末 | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
震災復興に関する一提案
あの大震災から10日間が過ぎた。被災地では厳しい生活が続いているものの、仮設住宅の建設など復興への動きも始まっている。

復興に際しては旧来の常識を覆す壮大なプランが求められ、そのためには莫大な資金が必要となろう。「高速道路無料化」は打ち切りとなるらしいが、焼け石に水だ。「子ども手当」も廃止せざるを得ないだろうが、それでも全く足りぬ。震災復興を名目とした消費税の増税、あるいは特別国債の発行という議論が出てくるのも当然だろう。

しかし、安易な増税は国民の経済活動を萎縮させる可能性があり、現在の厳しい財政状況下で国債の大量発行を行うことにも問題がある。この点に関連して、小生が専務理事を務める特定非営利活動法人ディベイトジャパン「ひとつの日本、たくましい日本!movement ―東日本大震災からの復興のために―」という提案を発表した。是非とも御一読頂き、御意見を賜れば幸いである。

 [ひとつの日本 たくましい日本!]

 [”本山たかはる”へのご支援をお願い申し上げます!]

JUGEMテーマ:東北地方太平洋沖地震
 
| 國の行く末 | 02:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「平成の興亜会議」開かる!
JUGEMテーマ:政治思想

昨日、「平成の興亜会議・上海万博粉砕国民大集会」に参加してきました。会場の豊島公会堂には250名余が集まっており、熱気のある集会でした。

参加者の一人である藤田裕行氏(日本外国特派員協会 プロフェッショナル・アソシエイト) から報告レポートを頂きましたので転載します(転載にあたり、表記を補足・改訂した部分もあります)。

本日、「平成の興亜会議」が豊島公会堂にて開催されました。

標題です。主催の興亜会議実行委員会は、外交評論家の加瀬英明先生が実行委員長、外国人参政権に反対する会東京代表の村田春樹先生が事務局長を務めておられます。

 

会場に馳せ参じると、《維新政党・新風》の鈴木信行幹事長が、私を控室にご案内下さいました。《維新政党・新風》は、党の綱領の作成に父が携わったこともあり、鈴木幹事長には、父の葬儀に、《展転社》の相澤会長、藤本社長、《日本李登輝友の会》の柚原正敬先生、阿羅健一先生、高橋史朗先生、《二宮報徳会》の小林幸子会長、四宮正貴先生などの諸先生と共にご参列を賜ったというご縁もあります。

 

ちなみに本日配布された《維新政党・新風》の「私たちが応援しています。」との冊子には、講師団として小田村四郎先生、小堀桂一郎先生、高池勝彦先生、清水警八郎先生、井尻千男先生、荒木和博先生、石平先生、黄文雄先生、戸塚宏先生、ロマノ・ヴルピッタ先生、ペマ・ギャルポ先生などの諸先生が名を連ねていらっしゃいます。

 

控室では、加瀬英明先生、殿岡昭郎先生、村田春樹先生をはじめ登壇者の諸先生と、親しく歓談することができました。

 

「上海万博」粉砕!国民大集会・平成の興亜会議 は、以下の通りの内容でした。

 

〔総合司会〕村田春樹先生[《維新政党・新風》国民運動委員]

 

〔開会の辞〕殿岡昭郎先生[政治学者・東京学芸大学(元)助教授]

 

〔基調講演〕加瀬英明先生[外交評論家、日本会議代表委員ほか]

 

〔パネル・ディスカッション〕
 司会:殿岡昭郎先生

 日本代表:加瀬英明先生

 台湾代表:連根藤先生
      [工学博士(京都大学)、台湾研究フォーラム顧問、台湾独立建国連盟中央委員]

 チベット代表:ツワン・ユーゲル先生
        [武蔵台病院副院長、埼玉医科大学消化器肝臓内科非常勤講師、チベット人医師会会長]

 南モンゴル代表:フヘイ先生
         [モンゴル自由連盟党]

 ヴェトナム代表:アウ・ミ・ズン先生
         [ヴェトナム革新党日本支部代表]

 自由中国代表:王進忠先生
        [中国民主団結連盟副主席兼日本分部主席、自由アジア放送特派員]

 

〔閉会の辞〕鈴木信行先生

 

〔聖壽万歳〕川久保勲先生[《維新政党・新風》国民運動本部長]

 

我らが父祖が、大東亜戦争をもし戦わなかったならば、欧米の植民地支配は世界を席巻し、世界に二百余を数える独立国家が誕生することなど全く想像もできないことであった。

 

戦争が、「戦争目的の達成」という観点で語られるならば、まさに戦争目的を見事に果たしたのは、皇国日本であり命を散華して、その「聖戦」を戦われた靖国神社に祀られる護国の神々の偉業である。

 

我々が、その偉大なる父祖の魂を継承せむとするのであるならば、21世紀の中華帝国の侵略、世界覇権の野望を阻止し、亜細亜の指導的国家として日本がその使命を果たさねばならない。

 

平成の御代に、再び、「興亜会議」が催された意義を、深く心に留め、皇国再興の為に、「後に続くを信ず」と散華されたご英霊の祈りに、21世紀の皇国日本に生を受けたる者として、その誓願に応えんと思う次第である。

| 國の行く末 | 08:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まずは国体に対する正確な理解を…
JUGEMテーマ:皇室
三月六日と八日の二日間にわたり、日本文化チャンネル桜の「日本よ、今…『闘論!倒論!討論!2010』」(「真正保守」を自称しつつ、なぜ「2010」と西暦を使うのか?)において皇位継承問題が取り上げられた。

笠原英彦[慶應義塾大学教授]、小林よしのり[漫画家]、小堀桂一郎[東京大学名誉教授]、高森明勅[日本文化総合研究所代表]、新田均[皇學館大學教授]、百地章[日本大学教授]の各氏をパネリストに迎え、(司会の水島総氏を入れた)計七名が四時間三十分にわたり、濃密な議論を繰り広げた。専門的な部分も多く、どこまで視聴者が理解できたのか些か心配ではあるけれども、「姓」の概念、「法」の規範性、「神話」の捉え方、国民国家における「一般意志」の重要性など重要な観点が提示されており、皇位継承問題に関心を有する者ならば、一度は見ておく必要があろう。

ただ一つ残念だったのは、議論の中で一度も里見岸雄博士の名が登場しなかったことである。小林よしのり氏などは弊誌を読んでいるらしく、『SAPIO』(平成二十二年三月十日号)掲載の「天皇論追撃論」の六十五頁欄外に「初めてまともにわしの『天皇論』を評価してくれる論文を読んだ!『国体文化』という冊子で国体論の研究家・河本學嗣郎氏が書いてくれている。『女系容認』の1コマのために、保守派からも敬遠されていたのですごく嬉しい。この文章、『ゴー宣』の読者にも読んでもらいたいくらいだ。」と記している。

国体に関する正しい認識なくして、皇位継承問題を論ずることはできぬはずだ。里見博士は、「日本国体とは、時代社会と関連する政体並びに生活体系と区別せらるべきものであつて、日本国家の究極的基盤たる基本社会としての民族生命体並びにそれに随伴する精神現象の包括的概念である」、「日本国家の究極的基盤たる民族生命体系の体相たる君民一体、その作用たる統治翼賛、その性質たる忠孝一本、その規範実践たる皇道天業、その運命結果たる天壌無窮等の一切を包括総称して国体といふ」(『国体学総論』)と定義している。各論者には、この定義に立ち返って議論して頂きたいと思う。

※この文章は、『国体文化』(平成22年4月号)の「編集後記」として執筆したものです。
| 國の行く末 | 01:06 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
皇太子殿下の御誕生日にあたり
JUGEMテーマ:皇室
本日2月23日は、皇太子殿下の御誕生日である。まずは、慶祝の意を表したい。

御会見録を拝読したが、日本のこと、世界のこと、そして御家族のことに心を砕かれている殿下の御心を改めて有難く感じた次第である。

質問の中には「今後,皇族方の数が少なくなるなどの現状も踏まえ,将来の皇室の在り方について殿下のお考えをお聞かせください。」というものがあった。いわゆる皇位継承の問題に関する質問だ。当然のことながら殿下は御回答にならなかったが、御答え頂けないのを承知で質問するマスコミの姿勢は卑しい限りである。

この問題は、いわゆる民族派・保守派の陣営においても大きな問題となっている。男系を何としてでも守り抜くのか、女系を容認することも吝かではないのか。識者たちは、それぞれの立場から様々な主張を展開している。双方とも学者として一流の方々であるし、個人的に親しくさせて頂いている方も多いので、若輩者としては辛いところだ。

究極的には陛下の御聖断を仰ぐべきことであるが、現在の継承順位は原則として尊重されるべきであり、なおかつ(将来に禍根を残すような)国民の常識から乖離した解決策を採るべきではない。また、この問題は天皇陛下を頂く「国体」の根幹に関わる問題である以上、学術研究に基づく冷静な議論が求められ、異論を政治的に封殺することだけは避けなければならぬ。

小生も国体学徒の端くれとして、しかるべき展望が描けるよう努力したい。
| 國の行く末 | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH