謹賀新年

旧年中は、大変お世話になりました。

 

昨年は、8月8日の「お言葉」を契機として、天皇の在り方を巡る議論が活発に行われた年でした。

本年は、天皇の在り方を直接的に論ずるだけでなく、「グローバル・リベラリズムの猖獗から『国体』を如何にして守るか」という観点から積極的に言論活動を展開したいと存じます。

 

これまで以上の御指導・御鞭撻を賜りたく、宜しく御願い申し上げます。

 

JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます

| 御挨拶 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
御報告
このたび、開設以来90年の歴史を有する里見日本文化学研究所の第3代所長に就任いたしました。
また、この4月より亜細亜大学において教鞭を執ることとなりました。
今後とも、御指導・御鞭撻を賜りたく御願い申し上げます。

金子宗徳 拝

JUGEMテーマ:日記・一般
| 御挨拶 | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年
平成26年・皇紀2674年を迎えました。
一昨年末、月刊『国体文化』の編集長に就任し、自分の原稿執筆だけでなく組織全体の方向性を考える立場となりました。
様々な新企画を実行に移し、一定の成果を売ることが出来ました。
本年は、里見日本文化学研究所・日本国体学会のみならず、他の関係諸団体においても積極的に活動して参ります。
同志諸兄姉におかれましては、ますますの御指導・御鞭撻を宜しく御願い申し上げる次第です。
内外の情勢が流動化しつゝある中、我々は如何に身を処すべきか。
與喜天満神社の社報『隠国(こもりく)與喜だより』に一文を草したので、転載させて頂きます。
明けましておめでとうございます。
「今年も良い一年になりますよう」と申し上げたいところですが、我が国を取り巻く北東アジアの国際情勢は緊迫感を増しています。
去る十月、中国・北京の天安門広場において自爆テロ事件が発生しました。中国政府はウイグル人の反政府活動家による犯行と発表していますが、そもそも中国政府がウイグル人の故地・東トルキスタンを侵略したことが背景にあります。こうした内部の動揺を抱える一方で、中国は台湾および沖縄を支配下に置こうと動きを強めています。どちらかを支配下に置けば太平洋上でアメリカと対峙することが可能となるからでしょう。とするならば、尖閣諸島近辺における軍事衝突の可能性は高いと考えられます。
韓国はどうでしょう。アベノミクスに伴う円安のため同国の通貨ウォンは相対的に割高となり、韓国経済は大きな打撃を受けつつあるようです。その上、現職大統領の竹島訪問や天皇陛下に対する謝罪要求、さらには実在していたか疑わしい「従軍慰安婦」の像をソウルの日本大使館の前に設置することを公認するなどしたため我が国との関係も悪化しました。
また、北朝鮮は、拉致被害者を返そうとせぬばかりか、自国民を犠牲にしながらミサイルと核兵器の開発を相変わらず続け、さらには側近の粛清など混乱も起こっています。
実を言うと、御祭神・菅原道真公が朝廷で活躍していた時代の九世紀末の北東アジアも混沌とした情況にありました。支那大陸の唐は黄巣の乱により全土に対する支配権を失い、朝鮮半島中南部にあった新羅も真聖女王の下で国家分裂を来たし、朝鮮半島北部から満洲にかけて存在した渤海も政治的に不安定で、結局のところ、三国とも十世紀前半には滅亡してしまいます。
渤海使の饗応役を務めていたことなどもあり、道真公は海外の様子に通じていたようです。寛平六年(八九四)、遣唐大使に任命されると、唐の治安悪化や道中の危険などを指摘し、遣唐使を派遣すべきか否か再検討すべきとの上申書を提出します。結果として、この上申書は受け入れられ、二百年以上続いた遣唐使は廃止に至りました。
翻って今日、国内に問題を抱え、我が国に対しても敵対的な中国や南北朝鮮と様々な犠牲を払ってまで政府レベルの友好関係を形成する必要はあるのでしょうか。台湾とのように、国交を断ったとしても経済活動は可能です。
道真公を見倣い、大胆な決断が求められています。
| 御挨拶 | 02:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年
旧年中は色々と御世話になりました。

《関西「明治の日」推進協議会》事務局長として、「明治天皇百年祭・関西」を成功に導くことができました。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

この度、里見日本文化学研究所・日本国体学会の機関誌『国体文化』の編集長に就任しました。より良い誌面を皆さまにお届けできるやう精進致します。

また、本年は研究活動にも力を尽くしたく存じますので一層の御指導・御鞭撻を賜りますよう宜しく御願ひ申し上げます。

JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます
 
| 御挨拶 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
恭賀新年
奥山のおどろの下を踏み分けて道ある世ぞと人に知らせむ(後鳥羽院・『新古今集』)

明けましておめでとうございます。
大雪の降っているところも多いようですが、東京は穏やかな元旦を迎えました。
10時に起床して仏壇と神棚に拝礼。おせち料理と雑煮とともに「浦霞」で一献。
紋付羽織に着替えて日本国体学会本部に出向き、新年拝賀式に参列。終了後、お節料理とともに「多満自慢」(大吟醸)と「澤乃井」(樽酒)で再び一献。先ほど帰宅したところです。

このまま酒を飲み続けたいところですが、そうも言っていられません。
昨年は、民主党政権の下で戦後体制の限界が一気に露呈した1年でした。私たちは、政官財学報に巣食う国家意識なき戦後エリート支配を何としても打ち砕かねばなりません。そのためには、思想闘争と共に政治闘争を戦い抜く覚悟を持つだけでなく、それらの戦いを継続するための拠点が必要です。昨年の中頃から同志たちと様々な計画を練っています。その詳細については本ブログでも御紹介していくつもりです。今後とも、皆さんの御指導・御鞭撻を賜ればと存じます。

JUGEMテーマ:新年の挨拶 明けましておめでとうございます
| 御挨拶 | 19:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ワレ狂カ愚カ知ラズ一路ツイニ奔騰スルノミ
JUGEMテーマ:政治思想
 
今を去ること73年前の今日、前年の2・26事件に関わった青年将校ら15名が処刑された。
国憲を軽んじ、国法を犯した罪は極めて重く、死刑となるもやむを得ない。
とは云うものの、腐敗堕落した既得権益層が政官財の全てを牛耳っていた当時の状況に思いを致すとき、決然として立ち上がった彼らに共感する部分は多い。

さて、第22回参議院議員選挙の開票結果が本日未明に判明した。
民主党が大敗北を喫し、野党が参議院の過半数を掌握したというけれども、いったい何が変わったのか。所詮は、「日本総督府」の既得権益層内部で権力が移動したに過ぎぬではないか。
「真正保守」と言ったところで、要は親米・反社会主義に過ぎぬではないか。
政官財学報に広がる腐敗堕落した戦後エリートの支配という構造は些かも変化していない。

いつまで、我々は米中の顔色を窺いながら生きていかねばならぬのか。その上、富まで奪われ続けねばならぬのか。このままでは、一般国民は生存することすら覚束なくなるだらう。

もう我慢できぬ。
この「日本総督府」を何としても打倒せねばならぬ。
あらゆる手段を駆使して、戦後エリート支配を根底から打ち崩さねばならぬ。
その上で、共存共栄の原理たる国体に立脚し、グローバル化する世界に即応できる独立日本を構築せねばならない。

時あたかも、今日は35歳の誕生日である。
早々と祝福メッセージを下さった方に厚く御礼申し上げたい。
私に残された時間は何年か分からぬが、「維新」のために全力を尽くすつもりだ。
同志諸兄姉の御理解・御協力を頂ければ幸いである。
| 御挨拶 | 20:40 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH