<< 「大学ユートピア特区」とは何か?(1) | main | 「大学ユートピア特区」とは何か?(3) >>
「大学ユートピア特区」とは何か?(2)
「大学ユートピア特区」とは何か?(1)

そもそも、「永住権」を認めるということは参政権など一部を除き「国民」と同等に扱われるということだ。現在は、「10年以上在留(日本への貢献が認められれば5年以上)」、「独立した生計を営むに足る資産または技能を有すること」、「その者の永住が日本国の利益に合致すること」を条件として法務大臣が認可することが入管法で定められている。

「日本国の利益に合致する」か否かを判断できるのは、中央政府のみだ。もちろん、民主党政権のように中央政府が率先して「日本国の利益」を破壊する連中もいるけれども、最終的には国民の審判が下った。もし、上記のような特区が設立された場合、誰が「日本国の利益」を判断するのか。一地方自治体の長に過ぎない京都府知事に、そのような権限はない。

京都府は、いったい何を考えているのか。幸いなことに、昨今は情報公開制度が整備されている。そこで、昨日の午後に京都府庁を訪ねた。

1号館1階の「府民総合センター・相談センター」で来意を述べると、情報政策課の担当者(男性)と政策企画部の担当者(女性)が応対してくれた。

■知事の発言は思いつきであって、現時点では何も決まっていない。
■予算は「研究費」的性格のもので、研究委託先も現時点では決定していない。
■「大学ユートピア特区」の具体的内容はゼロベースで検討中であり、報道は些か勇み足。
■留学生を増やすことは安倍政権の政策でもある。
■知事としても卒業生全てに永住権を与えることは考えていない。
■あくまで優秀な人材を獲得するという発想から生まれたもので国益は常に考慮している。
■現時点では具体的な議論が進んでいないので公開すべき公文書は存在しないが、情報についてはネット上などでオープンにするつもりだ。
■多くの方々から憂慮の声が伝えられており、きちんと府知事にも伝えている。
■長野五輪聖火リレーにおける組織的騒動についても承知している。
■このような形で皆さまの御意見を頂けるのは有難い。

おおよそ以上のような発言が先方からあった。これに対し、当方は「海外においては、優秀な人材がテロリストになった事例も多い」、「永住権の問題は国家主権に関わる問題であることを十分に留意されたい。今後とも状況を注視し、必要とあれば情報公開請求をさせて頂く」と述べた。

「知事の発言は思いつき」、「ゼロベースで検討中」という発言が正しければ、構想の修正を求める余地は十分にありそうだ。今後とも動きを注視するだけでなく、府会議員などへの働きかけなども必要になってくるだろう。

「大学ユートピア特区」とは何か?(3)


こうした地道な活動を行うためには横の拡がりが重要です。皆さんの御支援・御協力を御願い致します。

JUGEMテーマ:行政

| 大学ユートピア特区 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.kanekomunenori.net/trackback/133
トラックバック

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH