【転載】マリーヌ・ルペン女史(国民戦線党首)インタビュー記事
あの「朝日新聞」に、フランスの国民主義政党・『国民戦線』党首であるマリーヌ・ルペン女史のインタビュー記事が掲載されています。全文を転載しますので、是非とも御一読下さい。

「フランス社会の混迷 国民戦線党首・ルペンさんに聞く」

フランスで移民排斥や反イスラム主義を掲げる右翼政党「国民戦線」が、連続テロによる不安の高まりを受けて勢いづいている。かつての差別的な言動を封印して穏健路線に切り替え、反グローバル化の大衆政党として支持を広げてもいる。彼らは何をめざすのか。フランス社会は今後どうなるのか。マリーヌ・ルペン党首に聞いた。

――パリの週刊新聞「シャルリー・エブド」の襲撃に始まったフランスでの連続テロについて、どのように受け止めていますか。

「テロの原因を考えると、悲しくなります。イスラム原理主義が我が国に浸透していると、私たちはずっと以前から警告してきましたから。彼らは、一部の地域を占拠し、犯罪組織とつながりを持ち、世俗社会を尊重しません。自由なフランスの理念に対し、全体主義の立場から宣戦を布告しているのです」

「テロは手段に過ぎません。テロを生み出す理念こそが問題なのです。原理主義はイスラムのがん細胞。摘出しないと健康な細胞まで侵し、どんどん増殖する。フランス社会を分裂させ、自分たちだけの社会を内部に形成しようとする。そうなれば、政教分離の原則は崩壊するでしょう。政治は長年、この現実に目をつぶってきました」

「テロ直後に生まれた国民の一体感を強調するあまり、事件を招いた責任を忘れてはいけない。テロはなぜ起きたのか、私たちは何をすべきなのか、開かれた議論をしなければなりません」

――具体的にどんな対応をすべきだと考えますか。

「まず(欧州統合で廃止された)国境管理を復活させ、移民の流入を止め、刑罰の緩みをただすべきです。『原理主義を社会から孤立させよ』などと言う人がいますが、その前に(罪を犯した)彼らを逮捕し、処罰し、収容するための刑務所を増設しなければなりません」

「仮釈放なしの終身刑か死刑かの導入を選ぶ国民投票を組織したい。フランスにはどちらもありません。個人的には死刑を復活すべきだと思いますが、死刑に否定的なカトリックの伝統があるのも確か。国民の意見を直接問うべきです」

――でも、今回のテロの容疑者たちは、移民とは言い難いのでは。移民家庭出身とはいえ、国内で生まれ育ったフランス人です。

「いいえ。彼らはフランス人になることができた、というだけです。例えば(新聞社を襲撃した)クアシ兄弟。両親はアルジェリア人ですが、フランス領内で生まれたお陰で自動的にフランス国籍を取得しました。国籍へのもっと厳しい条件を課さなければなりません。ハードルが低すぎるから、移民も殺到し、フランス人から雇用などの権利を奪うようになるのです」

「国籍法の改定も欠かせません。二重国籍を廃止すべきです。祖国は一つしかあり得ない。どちらか選ばなければなりません」

――日本では、国内で生まれただけだと国籍を取得できません。二重国籍も違法です。

「私たちが求めるのは、まさにそのような制度なのです。出生地主義の廃止です。フランス人は、フランス人の親から生まれるか、フランスに帰化するかだけ。帰化自体は否定しませんが、そのためには罪を犯さず、規則と価値観を尊重し、フランス文化を共有し、運命を共にする意思を持つ必要があります」

――でも、労働力として移民を求めたのはフランス自身ですよね。財界の要請でしょう。

「確かに、指摘された通りです。給料を下げるために、40年にわたって移民を利用してきたのです。今、そのツケをみんなが払わされている。許せません」

――「私たち」と「彼ら」、「いい人」と「悪い人」を分けて考えすぎではないですか。まるで、敵味方がはっきりしたハリウッド映画のようです。

「私たちの活動の基本は愛国主義。だから、『私たち』と『彼ら』を分けるのです。ただ、『私たち』の中身は多様です。肌の色や宗教がどうであろうとも、フランス人はフランス人。私たちが守る対象です」

「何より国民が優先されなければなりません。雇用や住宅供給で、フランス人が有利に扱われるべきなのです。現状は、不法移民が優先されて、これらのサービスを受けています」

――かつては、左右、東西の対立軸が敵味方を分けていましたが。

「現代の世界を二分するのは、国家かグローバル主義かです。繁栄と治安とアイデンティティーを守るために国家を重視する考えと、国家など消え去ってしまえという考えとの対立です。ただ、グローバル主義とグローバル化は別の概念。(国家が世界と交流して繁栄を追求していくような)幸福をもたらすグローバル化は、もっと進めなければなりません」

――その対立軸で社会を二つに分断する野心を抱いているように見えます。

「その通りです。フランスの有権者は30年にわたり、右が嫌になったら左を、左がだめなら右を、という支持を強いられてきた結果、似たような政治が続いたのです。もっと本当の選択肢を示す必要がある。一方に右派政党や社会党や緑の党があり、もう片方に私たちのような国家重視の政党があるのが、民主主義に必要な選択の幅というものです」

――それは、大衆迎合的なポピュリストの発想ではありませんか。

「民衆の、民衆による、民衆のための政治をポピュリズムと呼ぶなら、私はポピュリストです。その言葉が侮蔑的な意味を持とうが、気にしません。今の政治は逆に、民衆を侮りすぎています」

――近年の国民戦線は、ウクライナ危機を巡って欧米が制裁対象としているロシアのプーチン政権に接近しています。

「ソ連崩壊後の苦しい時期を経たロシアが、経済復興を成し遂げた姿には、頭が下がります。米国とは異なる国家モデルをつくり上げたロシアは、戦略的関係を結ぶのに値する偉大な国家です。にもかかわらず、(制裁を求める)米国の指示に従うから、欧州連合(EU)はロシアと冷戦状態のような関係しか持てないのです」

――国民戦線はEUを批判し、欧州単一通貨ユーロからの脱退も主張しています。でもフランスは、EUから多大な利益を受けてきたのではないですか。

「全然受けていません。EUから得たのは、借金と、失業と、アイデンティティー崩壊だけ。EUのせいで、私たちは金融面、予算面、立法面での主権を失い、自分の運命を自分で決することができなくなりました。ごく少数のEU官僚が、市民の考えに反してすべてを決めてしまう。その結果、貧困と絶望がもたらされる。まるでソ連状態。私たちはこれを『欧州ソビエト連邦』と呼んでいます」

「私たちは、国民が自国の経済をしっかりコントロールする『愛国主義の経済』をめざしています。自由競争に基づき、金融の影響を大きく受ける『米国型のグローバル主義経済』は、我が国にも、地球全体にも、悲劇をもたらすと考えるからです。その点、日本はすばらしい。フランスが失った通貨政策も維持している。日本は愛国経済に基づいたモデルを示しています」

――あなたは党首に就任した2011年以降、右翼としての否定的イメージを拭う「正常化」に取り組んでいる、といわれます。ただ、国民戦線を依然として「差別主義」「排外的」と見なす人も少なくありませんね。

「活動家や党員の中には確かに、愚にもつかないこと、批判されて当然のことをする人が、いないわけではありません。ただ、それはどの政党も同じ。他党だと目立たないだけです。私たちは長年、政界全体を敵に回したために、不当な扱いを受けてきました」

「国民戦線が変化したとは思いません。国民戦線は、対抗する政治勢力から長年ばかにされてきました。これによって伝わらなかった私たちの真の姿を知ってもらう努力は、国民に次第に受け入れられています。最近の画期的な選挙結果からも、それは明らかだと思います」



Marine Le Pen 1968年パリ近郊ヌイイ生まれ。パリ第2大学卒。弁護士を経て2004年から欧州議会議員。11年に国民戦線党首就任。

■取材を終えて

極右、ファシスト、差別主義者――。国民戦線は厳しい批判を浴びてきた。党首や幹部の物議を醸す言動、移民や政敵を容赦なく糾弾する攻撃性が、その評価を裏付けていた。

そんな政党の党首をなぜ登場させるのかと、疑問に思う人もいるだろう。だが、国民戦線は近年、躍進を続けている。その主張を聴くことで、欧州の行方を読み解けないかと考えた。

連続テロの余波で慌ただしい14日、欧州議会で会ったルペン党首は、従来の「右翼」のイメージとは大きく異なっていた。不快であろう質問にも動揺せず、熱意を込めて語る。勢いのある新興企業の社長、といった感じだ。

実際、国民戦線の評判は急速に変わりつつある。反ユダヤ主義や露骨な差別主義を排除。若手や左派出身者をスタッフに迎え、経済、外交を含む包括的政策を整えた。工業地帯や炭鉱地区でグローバル化に不安を抱く労働者層、低所得者層に食い込んだ。

党の新世代を代表する仏北部エナンボモン副市長クリストファ・ジュレック氏はこう説明する。「以前は日本の右翼団体になぞらえられた。今は安倍晋三氏の自民党に近い政策の党だ」

ルペン党首も「めざすは日本の制度」との態度を隠さない。私自身時に批判した「右翼」が、日本を称賛する。喜ぶべきか、悲しむべきか。

右翼やポピュリスト政党の伸長傾向は、欧州各国でうかがえる。多くは国民戦線と同様、グローバル化に抗する砦(とりで)としての国家の復権を訴え、左右の大政党に対抗する勢力に成長した。ノルウェーなどでは政権に参加した。

フランスでも多くの研究者が以下の想定で一致する。2017年大統領選でルペン党首は決選に残り、22年には大統領選を制するかもしれない――。

では、国民戦線は本当に普通の政党になったのか。仏ルモンド紙のアベル・メストル記者は懐疑的だ。「移民政策など党の本質的な方針は以前と同じ。言い方を変えただけでないか」

敵味方をはっきりさせる党のポピュリスト的性格にも不安が残る。パリ政治学院のパスカル・ペリノー教授は「社会内部の紛争をあおる国民戦線は、依然として危険な存在だ。フランスに必要な党とは思えない」と語る。

国民戦線が政権を握ると、混乱の懸念が拭えない。逆に、フランスが大混乱に陥る事態こそ、国民戦線が権力に近づく時だろう。(論説委員・国末憲人)



〈国民戦線〉 1972年、反共産主義者や元対独協力者らを中心に結成されたフランスの右翼政党。当初は暴力的な活動家も多かったが、初代党首のジャンマリ・ルペン氏が議会主義を定着させた。大衆の不満を刺激して支持を得るポピュリズム色が強く、70年代は共産主義、80〜90年代は移民、2000年代以降はイスラム原理主義を激しく攻撃してきた。近年は欧州統合を批判することが多い。

02年のフランス大統領選では同氏が決選に進出。11年には同氏の三女であるマリーヌ氏が2代目党首に就き、昨年の欧州議会選で約25%の支持を得て国内第1党となった。

JUGEMテーマ:移民
| 記事紹介 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安倍首相よ、脱法移民を認めるな
最新号の『国民新聞』〔第19200号〕に上記のタイトルで一文を寄稿しましたので、その全文を転載いたします。
転載にあたり、誤字など一部の表現は修正しました。
安倍首相よ、脱法移民を認めるな

 去る十一月二十一日、安倍首相は衆議院の解散に踏み切り、十二月十四日に総選挙が実施される。
 解散直後の記者会見において、安倍首相は「アベノミクスを前に進めるのか、それとも止めてしまうのか、それを問う選挙であります」と述べた。アベノミクスの是非を争点にしたいといふことであらうが、そもそも国民はアベノミクスの内容を十分に理解してゐるか。アベノミクスは「大胆な金融緩和」・「機動的な財政政策」・「新たな成長戦略」といふ「3本の矢」からなるが、「新たな成長戦略」の一環として実質的な移民受入れ政策が展開されつゝあることを国民は知らされてゐない。
 六月二十四日に閣議決定された《「日本再興戦略」改訂2014》を見ると、「外国人材の活用」として、(1)高度外国人材受入れ環境の整備、(2)外国人材技能実習制度の抜本的見直し、(3)製造業における海外子会社など従業員の国内受入れ、(4)女性の活躍推進、家事支援ニーズへの対応のための外国人家事支援人材の活用、(5)介護分野の国家資格を取得した外国人留学生の活躍支援等、といふ五項目が列挙されてゐる。安倍首相は十月一日の衆議院本会議における平沼赳夫氏の質問に対し、「日本再興戦略に盛り込まれてゐる外国人材の活用は、移民政策ではありません」、「多様な経験、技術を持つた海外からの人材に日本で能力を発揮して頂くもの」、「安倍政権は、いはゆる移民政策をとることは考へてをりません」と答弁してゐるが、これが移民受入れ政策でなければ何なのか。安倍首相の発言は、国民を瞞着する詭弁としか云ひやうがない。
 期限付きの出稼ぎ労働者として受入れたとしても、家庭を形成するなど生活基盤が確立してしまへば実質的には移民と同じだ。現行の国籍法では、五年以上の国内居住実績など幾つかの要件を満たせば容易に日本国籍取得の途が開け、被選挙権を含む参政権が付与される。日本人と結婚すれば、もつと短期間で日本国籍を取得できる。我が国に敵意を有する外国人が労働者として入国し、国政を左右することも不可能ではない。実際、現行の制度下においても技能研修制度と留学制度を悪用して少なからぬ支那人が定住してゐる。これなど、まさに「脱法移民」だ。
 交通手段や通信手段が飛躍的に発展し、国境を越えたモノ、カネ、ヒトの移動が活発化した現在、グローバルな経済活動から無縁でゐることは不可能である。だが、モノやカネと異なり、国境を越えたヒトの移動は幾つかの問題を孕む。
 第一に、先住者の生活水準が低下しかねない。多くの先住者は低賃金で働くことを厭はない移民との競争を強ひられ、場合によつては職を失ふ可能性さへある。第二に、深刻な文化摩擦を引き起こしかねない。「郷に入れば郷に従へ」といふ諺の通り、移民が相手国に同化できれば良いけれども、そんなことは不可能だ。
 現に、第二次世界大戦後、人手不足を解消しようと移民を積極的に受入れた欧州諸国では、これらが相俟つて深刻な社会問題となつてゐる。その轍を踏まぬやう、今回の衆議院選挙を通じて安倍首相に翻意を促さねばならない。
 とは云へ、与党である自民・公明両党は云ふに及ばず、野党の危機感も薄い。衆院選に向けて各党が発表したマニフェストを見たところ、僅かに平沼氏が代表を務める次世代の党が「東京オリンピックに備へて、入国管理と治安警備を強化」、「国民健康保険の海外療養費制度厳格化」と謳つてゐるが、これは対症療法に過ぎぬ。民主党や維新の党に至つては、いはゆる「ヘイトスピーチ」の規制を公約に掲げてゐる。日本国に寄生し、日本人の平穏な生活を阻害する外国人への怒りの表明を問答無用で犯罪扱ひする両党に祖国の未来は託せない。
 「脱法移民」の問題にまで目を向けてゐるのは、鈴木信行氏が代表を務める維新政党・新風だけである。同党の衆院選不出馬が残念でならない。
〔金子宗徳・日本国体学会理事〕
JUGEMテーマ:移民
| 記事掲載 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
〔9/20〕英霊を被告にして委員会【東京都千代田区】
英霊に対し、国家として慰霊顕彰するのは当然のこと。
靖国の英霊を愚弄する戦後民主主義者どもを許すわけにはいきません。

下記の集会に登壇することと相成りました。
直前の御案内となりましたが、是非とも御参加下さい。
 
英霊への冒涜、侮辱は絶対許さない。訴訟参加決起集会
日 時 平成26年9月20日(土) 18:00〜20:30
会 場 文京区民センター(3A)
内 容 「安倍首相靖國神社参拝違憲確認等請求事件」に、英霊を守るため訴訟参加します。
   9月22日(月)の第1回口頭弁論(東京地裁)を前に訴訟参加を呼びかけます。
司 会 村田春樹氏(維新政党・新風 国民運動委員)
登 壇 高池勝彦氏(弁護団長)、徳永信一氏(弁護団事務局)、尾崎幸廣氏(弁護団)、
        藤岡信勝氏(新しい教科書をつくる会理事)、三輪和雄氏(日本世論の会会長)、
        湯澤貞氏(靖國神社元宮司)、金子宗徳氏(月刊『国体文化』編集長)
   木上和高氏(外国人参政権に反対する会 神奈川代表)ほか
会場費 1000円

なお、集会に先だって街頭活動と昇殿参拝を行うとのことです(私は別件で参加できませんが)。

街頭活動 同日 14:00〜15:50 訴訟参加を求めビラまきと街頭演説
     東京理科大学九段校舎前、地下鉄九段下 1番出口前
昇殿参拝 同日 16:00(参集殿前集合)

問合せ 英霊を被告にして委員会 090-3710-4815(M情報)
     http://mid.parfe.jp/kannyo/eirei/top.htm

JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
| 金子宗徳の講演 | 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【報告】「あなたの街は大丈夫?多文化共生と地方自治体の真実」〔8/16〕
| 金子宗徳の講演 | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
〔9/5〕第40回国体文化講演会【東京】
小生が理事を務めている日本国体学会では、3ヶ月に一度の間隔で「国体文化講演会」を開催しております。
今回は、労働問題について思うところを語らせて頂きます。

御多忙とは存じますが、御来聴を心よりお待ちしております。
日本国体は、現代資本主義の走狗(イヌ)なのか。
ブラック企業が横行する現在から八十五年前に刊行された一書
今なお光芒を放つ『天皇とプロレタリア』を読み解く。

日 時 平成26年9月5日(金)
18時15分 開 場
18時30分 開 始
20時10分 終講予定

場 所 学士会館 301号室 (東京都千代田区神田錦町3―28)
講 師 金子宗徳 氏 (里見日本文化学研究所主任研究員・「国体文化」編集長)
演 題 「天皇とプロレタリア」を現代に読む
会 費 千円 (事前申込不要)
主 催 日本国体学会(理事長 河本学嗣郎)
TEL 0422-51-4403 FAX 0422-55-7372
E-Mail kokutaigakkai@kokutaigakkai.com

JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
| 国体文化講演会 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【8/7】月刊日本講演会「英霊たちの問いかけ ― 今の日本は大丈夫ですか」
『月刊日本』の坪内隆彦編集長より講演会の御案内がありました。
あいにく、小生は別件で伺えませんが、御都合のつく方は御参加下されば幸いです。
なお、御参加の際には金子の紹介と御一言頂きますよう宜しく御願い致します。
先の大戦で多くの先人が「後に続くを信ず」と言い遺して死んでいってから、70年が経とうとしています。英霊の方々は現在の日本を見て、どう思われるのでしょうか。数年前、90歳の戦争未亡人が歌を詠みました。「かくまでに 醜き国に なりたれば 捧げし人の ただに惜しまる」。これは英霊の方々の想いにも通じるものではないでしょうか。このままの日本では申し訳がありません。八月十五日に先だち、英霊の存在と向き合うことで、わが国の在り方、私たち一人一人の日本人としての生き方を見つめ直そうではありませんか。

日時:8月7日(木)13:30〜16:00
集合場所:靖国神社参集殿(昇殿参拝後、講演会場に移動)
講演:宮本雅史(産経新聞論説委員)
   「英霊たちの問いかけ ― 今の日本は大丈夫ですか」
参加費:1500円(資料代、玉串料込)
 ※事前申込み制につき、詳細はこちらより

JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
| お知らせ | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『国体文化』(平成26年8月号)が刊行されました
小生が編集長を務める『国体文化』の最新号(平成26年8月号)が刊行されました。
今号では、巻頭言「安倍首相は皇位継承問題の抜本的解決に全力を尽くせ」、主論「『国体』とニーチェ主義 ― 高山樗牛を巡つて」、書評「片山杜秀と白井聡の愚論 ― その里見岸雄論を点検する」の3篇を執筆しました。
詳細および御購読は発行元のウェブサイトを御確認下さい。

JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌
| 月刊『国体文化』 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【7/26】平成26年度国体学講座・第4講〔東京〕
小生が理事を務める日本国体学会では、青年学徒を主たる対象として《国体学講座》を昨年より開催しております。
2年目にあたる本年は、小生による講義「近代日本の政治思想―その国体論を中心に」や『国体文化』執筆陣との質疑応答に加え、河本学嗣郎理事長による講話や外部講師による特別講義を予定しております。

第4講は来たる7月26日(土)に開講予定します。
当日のスケジュールは、こちらを御覧下さい。
私は幸徳秋水を中心に明治社会主義及び前史としての自由民権運動左派の国体論を御紹介します。
直前の御案内になってしまいましたが、当日の飛び入りも可能ですので是非とも御参加下さい。

JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
| 国体学講座 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
週刊読書人に執筆しました
現在発売中の『週刊読書人』〔2014(平成26)年7月18日〕に、中野目徹氏の『明治の青年とナショナリズム―政教社・日本新聞社の群像』に関する小生の書評「ナショナリズムと知性」が掲載されましたので、是非とも御一読下さい。

JUGEMテーマ:お気に入りの雑誌
| 記事掲載 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【8/16】「あなたの街は大丈夫?多文化共生と地方自治体の真実」
安倍政権が推し進める移民受入政策にNOを!

下記集会に登壇することになりました。
地方自治体の置かれている情況を炙り出し、現実的な対案を探る一歩としたいと存じます。
8月のイベントは、地方自治体における多文化共生政策および一連の外国人優遇政策・定住促進政策がテーマです。
維新政党・新風の鈴木信行代表、埼玉県の鈴木正人県議会議員(無所属)、大田区議会議員を13年務めた犬伏秀一 日本維新の会衆議院東京都第4選挙区支部長をお招きし、今自治体で何が起きているのか、私たち住民に何ができるのか、政府の国家戦略特区や外国人労働者受け入れをはじめとする一連の成長戦略が、こうした地方自治体の現状とどのようにつながっていくのか、政治の立場からお話いただきます。

日時・場所
 平成26年8月16日(土)13:45-16:30 (懇親会17:00-)
 深川江戸資料館 小劇場
 
主催: 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会(八重桜の会)

講師: 鈴木信行氏 (維新政党・新風代表)
      鈴木正人氏 (埼玉県議会議員、無所属)
    犬伏秀一氏 (日本維新の会 衆議院東京都第4選挙区支部長、前大田区議会議員)

モデレータ: 金子宗徳氏(月刊国体文化編集長、里見日本文化学研究所主任研究員)

時間割:13:45 開会
        14:00-14:30 講演(鈴木代表)
     「自治体における 外国人優遇政策(生活保護、社会保障、留学生補助金などの実態)」
        14:30-15:00 講演 (鈴木県議)
      地方議員の観点から
        15:00-15:30 講演 (犬伏前区議)
      地方議員の観点から
        15:30-16:20 パネルディスカッション・質疑応答
        16:30 閉会        

費用: 1,000円(資料代)

お申込み: 資料の用意の関係上、予定がわかっている方はできるだけ事前登録お願いいたします。
     こちらのフォームよりお申し込みください。

お問い合わせ:八重桜の会 info@sakuranokai.org

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
| 金子宗徳の講演 | 18:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Twitter

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

RECOMMEND

RECOMMEND

デルクイ 01─反体制右翼マガジン
デルクイ 01─反体制右翼マガジン (JUGEMレビュー »)
『デルクイ』編集部,千坂 恭二,糸圭 秀実,中川 文人,外山 恒一
拙稿「グローバリズムと対峙するために」を収録

RECOMMEND

保守主義とは何か
保守主義とは何か (JUGEMレビュー »)

拙稿「日蓮主義的国体論の成立と展開 ― 里見岸雄を中心に」を収録

RECOMMEND

「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー)
「大正」再考―希望と不安の時代 (MINERVA日本史ライブラリー) (JUGEMレビュー »)
関 静雄
拙稿「『愛』と『政治』 ― 倉田百三と有島武郎」を収録

RECOMMEND

安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集
安全保障のビッグバン―第3回読売論壇新人賞入選論文集 (JUGEMレビュー »)
長島 昭久,渡部 恒雄,鈴木 理恵子,木原 勝彬,上 紀男,金子 宗徳,青山 直明,小林 公司
小生の優秀賞受賞作品「『国家』としての日本 ― その危機と打開への処方箋 ― 」を収録

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • 『国体文化』(平成24年7月号)が刊行されました
    池田達彦 (06/27)
  • 三島由紀夫研究会のメルマガで拙論に御言及頂きました
    池田達彦 (04/08)
  • 『国体文化』(平成23年8月号)が刊行されました
    風 (02/08)
  • 【2月18日】岡潔『日本民族の危機』復刊記念講演会〔東京〕
    無端庵 (02/06)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (02/02)
  • 第30回国体文化講演会
    風 (01/29)
  • 臣子たる分を弁へて議論すべし
    風 (01/10)
  • 【御案内】第29回国体文化講演会(10/5)〔東京〕
    風 (09/28)
  • 【御案内】「第2回里見日本文化学研究所学術研究大会」(9/17)[東京]
    風 (09/14)
  • 【御案内】決行します!第26回国体文化講演会(4/6)〔東京〕
    枯木 (03/31)

LINKS

SEARCH